Make your own free website on Tripod.com

[産經新聞フロントページ | 産經新聞インデックス]

2001.06.18

ふれあい交差点 プロ野球中継の視聴率
eアンケート 産経Web編集部
大リーグのほうがいい/地上波にはこだわらない/巨人一辺倒つまらぬ

 「低迷している」と指摘される今季の日本プロ野球の中継視聴率。その理由や背景を探ろうと、十二日までの二週間、産経Web上で募集したところ、計千四百六十三人から回答が寄せられました。

 「プロ野球中継をどのくらい見ているか」との問いに対する答えを見る限り、「欠かさず見る」という人と「週に一度は必ず見る」人は合わせて全体の60.9%を占めています。

 しかし、例年と比べた今年のプロ野球を見る回数については「非常に減った」が五百六十九人と、38.9%に上りました。これに「やや減った」を合わせると、実に61.0%の人が「減った」と答えています。

 気になる理由ですが、最も多いのが「大リーグ、サッカーなど、ほかのスポーツ中継のほうがおもしろい」(40.7%)。次いで「中継は巨人戦中心だから」(38.3%)、「インターネットや家庭用ゲーム機の普及でテレビそのものを見なくなった」(8.8%)…となっています。

 BS、CS放送で巨人戦以外のひいきの球団のゲームを試合終了まで見る−といった、視聴者のプロ野球中継との“付き合い方”が変化している現状があり、従来の地上波テレビによるプロ野球中継の在り方も問われています。

         ◇

 主な意見を紹介します。

 神奈川、会社員、男性(五五)「大リーグの試合を衛星放送で見ていると、日本のプロ野球はスピード、迫力ともに欠ける」

 東京、会社員、女性(三二)「日本のプロ野球を大リーグに劣るものとして報道するマスコミにも問題がある。スポーツニュースで日本の野球を扱う時間が激減している」

 東京、学生、男性(二二)「いまはインターネットやケーブルテレビでどの試合も見られるし、結果もわかる。地上波の視聴率は、プロ野球ファンの増減とは関係ない」

 石川、会社員、男性(四八)「日本テレビ系の巨人戦中継は、あまりにも巨人ファン向けでおもしろくない。懸賞クイズ『午後8時の男』は、試合観戦の邪魔」

 宮城、会社員、女性(二四)「巨人戦は『勝てばいい』といったムードで感動できない。BS、CSで好きなチームを見る方がおもしろい」

 山口、男性(二四)「巨人ファンが減ったのではなく、巨人以外の野球ファンが地上波中継を見なくなっただけ」

 愛知、会社員、女性(二七)「野球も知らずに絶叫するアナウンサーは、うっとうしい。現状の巨人応援放送を続けるなら地上波の野球中継は、もういらない」

 奈良、自営業、男性(四一)「何が起こるか分からないのが勝負事の面白さだが、巨人戦にはそれがない。阪神の試合は負けてもおもしろい」

         ◇

 結果は産経Web上でも公表しています。

         ◇

 次回のテーマは「小泉、真紀子内閣」です。詳しくは産経Web(http://www.sankei.co.jp/edit/anke/kosaten/eanke.html)をごらんください。


 産経新聞の購読お申し込み  メールでのお問い合わせ
産経Webに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は産経新聞社に帰属します。(産業経済新聞社・産経・サンケイ)
Copyright 2001 The Sankei Shimbun. All rights reserved.