Make your own free website on Tripod.com
ニッカンスポーツ・コムへ
速報中! プロ野球サッカーJ1大相撲バトル中央競馬釣果

注目の情報!!
バナー広告

 Entertainment
■インデックス

■ニュース速報

■ジャンル


野球

サッカー

スポーツ

バトル

競馬

芸能

社会

TV

釣り・レジャー

■特集


特集メニュー

モータースポーツ

大相撲

占い

MODE

健康連載

カレンダー

プレゼント

PDF号外

リンク

訃報

■nikkansports


データベース

特得情報

クイズ&購読

イベント情報

なにわWEB

やぁ!北海道

出版+ai

ニッカン倶楽部


コンフェデ杯視聴率20.1%マーク

 フジテレビが5月31日に生中継した「コンフェデレーションズ杯 日本対カナダ」の視聴率が1日、ビデオリサーチから発表され、20・1%をマークした。他局でも人気番組が集まる時間帯で、こう着状態の前半は視聴率の動きも鈍かったものの、後半12分、MF小野伸二(21)のFKからの先取点を機に、数字が上昇した。裏番組のテレビ朝日「ヤクルト対巨人」は12・1%だった。

 フジテレビによると、番組は午後7時15分にスタート。12・1%でスタートした視聴率はキックオフの午後7時30分には16%に上昇した。だが、日本代表が攻めきれない0―0の攻防に、数字は予想に反して伸び悩んだ。テレビ朝日の「ヤクルト対巨人」を筆頭に、NHK「お江戸でござる」TBS「うたばん」テレビ東京「TVチャンピオン」など、他局にも人気番組が並ぶ時間帯だった。

 視聴率のこう着状態を救ったのが小野だった。午後8時43分に、小野のFKがゴールに突き刺さると同時に、視聴率のグラフは右肩上がりとなった。3分後に西沢明訓(24)がヘディングシュートを決め、日本代表が2−0とリードした後の午後9時3分には瞬間最高となる28・9%を記録した。森島寛晃(29)が3点目を入れた午後9時15分にも27・6%をマークした。この日はW杯サッカーまで1年の区切りの日で、コンフェデ杯を独占中継するフジテレビにとっては、まさに小野さまさまだった。

 一方、裏番組となった巨人戦は12・1%。日本のプロ野球が大リーグに比べ注目度が薄くなっている中、サッカーの注目の試合とかち合い今季最低の更新も予想された。昨年、フジテレビが中継したシドニー五輪サッカー、日本対ブラジル戦は26・0%で、ほぼ同時間帯にTBSが中継した広島対巨人戦は8・7%だった。しかし、ヤクルトの劇的なサヨナラ勝ちという視聴率的には理想の展開に救われたのか、結果的に“健闘”の数字だった。

 フジテレビ日枝久社長はこの日の定例会見で「コンフェデ杯がまだ話題になっていないのに、(巨人戦と)これだけ差がついた。視聴者のし好が変わってきている。野球も関心はメジャーに移っている。巨人戦も盛り上げていかなければ」と話していた。

 ◆巨人長嶋監督 サッカーにやられたか。国際的なイベントだから。(野球にしても)関心は国内でもそういう流れだから。うちの試合内容も良かったはずだけどなあ。

インデックス > 芸能TOP >

インデックス - 速報 - 野球 - サッカー - スポーツ - バトル - 競馬 - 芸能 - 社会 - TV - レジャー
・nikkansports.comへのメールには、住所、氏名、電話番号を明記して下さい。
メールの宛先=http://www.nikkansports.com/QA/QA_menu.html

・nikkansports.comはインターネットエクスプローラー4.0、
Netscape4.0以上でご覧いただけます。

・nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
Copyright2001,Nikkan Sports News.